brand story ~第一章~

日本でのpink india(ピンクインディア)について

hand-printed

皆さんはじめまして。pink india の日本総代理店をしている河島です。

pink indiaはスウェーデンデザイナーのLenaが2004年にインドで設立したブランドです。

2009年から日本では本格的な販売がスタートし、2014年からは日本国内では独自の商品企画、
生産を行なっています。

本来、ブランドの紹介文というと、デザインのことや素材のことだったり、デザイナーの紹介などが
メインだと思うのですが、pink indiaというブランドはそれだけでは皆さんに伝えられない物語がたくさんあって、
それを綺麗に伝えようと思ったら、多分できないんじゃないかと思っています。

なので、今回こちらで私、河島とpink indiaの出会い、そして日本での販売の経緯やその中での
ちょっと特殊なブランドへと変化することになったストーリー、こういったものも全部描いてみようか
なと思いこのページを作りました。

自分自身、業界経験なし、25歳で起業し。アルバイトをしながら必死に資金を貯めてやりくりしていた、
立ち上げ始めのことなども少しお話したいと思います。

大きな変革なども合って、今のカタチになった日本でのpink india。

ここでは、現在に至るまでの色んな不思議なご縁と、紆余曲折ありながらも、移り変わりの激しい
業界に必死にしがみついている(!)私とpink indiaのお話です。

少し長くなりますが、お付き合い頂ければ幸いです。

~1.え、これがインドのブランド??出会いは突然やってきた~

hand-printed

                                     (写真:2008年pink indiaと初めての出会い。熊本:撮影河島)

pink indiaと日本との接点は、インドから送られてきた、小さいダンボールからでした。

大学を卒業した後、私は1年という期間、インド法人のIT関連企業でインターンを経験をさせてもらいました。

当時のインドに行く若者と言えば、ほとんどがバックパッカーで、旅をしには行くけれども、仕事をし
に行くことなどあまり聞かない時代でした。

貧しくも逞しく、人生を一生懸命に生きているインド人たち。時には神秘的な雰囲気の中、活き活きとした生命力を
感じながら生活をするという貴重な経験などもあり、日本に帰国後、私はその結びつきを残すべく、インドの商品などを集めた雑貨屋さんを始めたのです。

インドの知人兼バイヤーから送られてきた荷物にはインドの商品がいっぱい。
当時、雑貨店を初めて1年ちょっとの私は彼女を含めて何人かから定期的にインドの商品を輸入していました。

大体は私が欲しいものを探して送ってくれていたのですが、少し遊びの要素の商品もお願いしていました。
そして、今回の中におおよそ「インドの商品」とは言いようもないポーチが紛れ込んでいました。

でも、見た瞬間「可愛いなぁ♪何だこれは!?」と思ったことを今でも覚えています。

それがpink indiaとの初めての出会いでした。

第二章に続く

dk-pinkindia
Share
This

Post a comment